ひねくれ遊戯王ブログ

ひねくれ者の遊戯王ブログです。

不知火ヴェンデットデッキレシピ紹介

少し間が空いてしまいましたが、今回はヴェンデットデッキが大分まとまってきたのでデッキレシピを紹介します。

モンスター23
リヴェンデットスレイヤー3
不知火の宮司2
不知火の陰者3
馬頭鬼2
ニゾンビ3
ヴェンデットヘルハウンド2
デスガイド
儀式魔神リリーサー
妖刀-不知火
増殖するG2
灰流うらら3

魔法11
リヴェンデットボーン3
儀式の下準備3
封印の黄金櫃3
ハーピィの羽根箒
おろかな埋葬

罠6
不知火流-燕の太刀2
ヴェンデットボーン1
神の宣告
神の警告
神の通告

ヴェンデットについては細かく考察記事を書いているので、そちらを読んでもらえると嬉しいです!

何度も回してみた感想としては、先行での不知火流-燕の太刀がとにかく心強い!
不知火の陰者からのΩルートももちろん強力ですが、宮司からのランク4も万能です。
ニゾンビからの7シンクロも使えるパターンです。
封印の黄金櫃で宮司を除外することで、表ならなんでも破壊できるのもポイントです。

ヴェンデットはメインギミックですが、手札が弱いときに不知火で戦えるのがなによりも強みです。
スパイラルや環境上位テーマに比べると中堅のテーマになりますがアンデット好きな方にはおすすめです。

最近人気の汎用カードをシャドールに突っ込みたい

最近スパイラルに次いで大会で上位に食い込んでいるのが、HEROとトリックスターです。
今私はトリックスターによくセットで採用されている強力なカードをシャドールに採用できないか調整中です。
個人的に目をつけているのがこれらのカードです。

百万喰らいのグラットン
戦闘で苦手なトリックスターの補助ができるカードです。トリックスターエクストラデッキにそれほど依存しないのですが、シャドールデッキもミドラーシュ以外全部切り捨てるくらいの覚悟でいけば全然使えるのではないでしょうか?
戦闘力の低いミドラーシュの相棒にしたいです。

リンクリボー
こちらもミドラーシュを戦闘から守れる優秀なカード。前述のグラットンや、ジェスターコンフィ、グローアップバルブ当たりが相性の良いレベル1カードでしょうか。

スケープゴート
守りにも次の自分のターンのリンク4展開にも使えます。一気に攻める手段に欠けている自分のシャドールには武器になりそう。ただエクストラをリンクだらけにしないといけないのでそこがネック。
使ってみてまた話します。

幽鬼うさぎ
戦闘で相手を越えていくのが苦手なデッキなので、うさぎ採用されているデッキがちらほらありました。
スペースがあるかが問題ですね…

まとめ
トリックスターは少ないパーツで動けるから汎用的に強いカードや手札誘発をたくさん入れられて強いのであって、シャドールに流用できるかどうかはまた別問題ですね…
ただこうしたら強いんじゃないかとか考えているのが楽しい時間ですよね。

色々試して、またお話できたらと思っています。
それではまた!

現環境ではシャドールフュージョンよりエルシャドールフュージョンのが良い?!

シャドールの強みとして、相手がエクストラデッキから特殊召喚している場合にデッキ融合が出来るというものがあります。
ですが、シャドールフュージョンはデッキからカードを墓地に送る効果を含んでいるため灰流うららで止められてしまいます。
先行を取ってミドラーシュを立てるのであればシャドールフュージョン1、エルシャドールフュージョン3くらいの構築のが向いてるかもしれないです。
この点を試行を繰り返してブログで話していきたいと思っています。

純シャドール相性の良いカード

最近大会用でシャドールを構築中です。
シャドールはもともとABC全盛期、十二獣全盛期に使っていて私が何度も大会に持ち込んだデッキです。
イラストも雰囲気が良くて、アドバンテージ獲得能力に優れているので使っていて楽しいテーマです。
ここで、今まで使って相性の良かったカードを紹介して、おおざっぱにまとめておきます。

幻想の見習い魔術士
ミドラーシュの打点を補えるカード。
このデッキではミドラーシュの維持がポイントになると自分としては思っています。
いざという時はファルコンと合わせて8シンクロもできます。

紫毒の魔術師
こちらもミドラーシュの打点アップ用。
さらに効果を使った後1枚除去できます。相手にすると厄介なカード。

黒牙の魔術師
収縮した後に闇、魔法使いを甦生できます。
打点補助をしながら展開も加速でき優秀。

幻影剣
ミドラーシュの打点を上げながら1度戦闘破壊も防げます。
これをサーチするためにファントムナイツと組み合わせてよく使っていました。

迷い風
特殊召喚されたモンスターを打点を下げながら効果も無効にして、さらに再セット可能な強すぎな罠です。
おすすめです。

バージェストマディノミスクス
表側のカードを除外しながら効果で手札を1枚捨てます。フリーチェーンでの除外はもちろん捨てる効果でシャドール効果を発動できるのが強いです。

こんなとこでしょうか。
自分が使うと罠ビート型に寄っていってしまって、つい試合が長引いてました。
真竜環境で一旦崩して、その間にカードプールも少し増えたので、再構築が楽しみです。
次はまた別のカードを探して紹介していきたいと思います。

制限改訂の感想。

今回は制限改訂の個人的な感想を述べていきたいと思います。
まず第一に
ネフィリムは?!?!!
チェインは?!?!
ここです。フラゲ情報に期待していた気持ちがあったので、そこを最初にチェックしました(笑)
特にシャドールは長いこと愛用していたデッキで、真竜環境ではなくなったら組み直そうと考えてたので、サブテラーとどう混ぜようか考え中です。

真竜パーツが徹底的に規制され、スパイラル一強という声が多いですね。実際そうだと思います。
ただ、真竜が完全に消えることで、浮幽さくらがメインからの採用が考えられたり、悪いことばかりではなさそうです。

スパイラルは12獣と違って、色んなテーマを取り込むような出張性能はないようなので、個人的にはそれほど戦っていてつまらないテーマではないかなぁと。
サレンダーせざるを得ない場面が多そうですが。
大会環境では今後手札誘発が今まで以上に重要なポイントになりそうです。
ドロール&ロックバード買わねば!

儀式の準備解放で影霊衣強化!
安定性がアップですね。地味な緩和ですが、ここが一番うれしい。

封印の黄金櫃とデスガイドでヴェンデット強力展開

今回は展開例を紹介します。

封印の黄金櫃を発動して、ヴェンデットヘルハウンドを除外。
デスガイドを召喚し、リリーサーをリクルート
2体でリヴァイエールを特殊召喚。効果でヴェンデットヘルハウンド特殊召喚

これで場にヘルハウンド、墓地にリリーサーが揃います。ヘルハウンドは自身の効果で場を離れると除外されるので、黄金櫃を使わなくとも除外ゾーンにいることが多いです。
更にヴェンデットに不知火の宮司を採用するのであれば黄金櫃は無駄なく採用でき、簡単に狙っていけるコンボになります。

リリーサーとヴェンデットレヴナントの違い

ヴェンデットを回している上で、ヴェンデットレヴナントをがんばった場に出して、リリース素材にするよりリリーサー使っちゃった方が早くね?!と思いまして、1度その2枚のカードをヴェンデットに採用する上での効果を比べてみたいと思います。

ヴェンデットレヴナント
・アンデットカードのサポートを受けることができる。
・すでに出ている特殊召喚されたモンスターを処理できる。
・自身に破壊されると蘇生する効果があり、実質破壊耐性がある。
・1枚フリーチェーンでの除外になるので、相手にうまくかわされる場合がある。
・場からリリースしないと意味がない。

儀式魔神リリーサー
特殊召喚自体ができなくなるので、対処するカードがなければ一方的に封殺できる。
・先行で出しておいて強い。
・手札、墓地からリリース素材にでき、その場合でも効果を付与できる。

どうでしょうか?
文章にすると一長一短ですが、場からリリースするか、手札からでも効果を付与できるかの違いが決定的に違いました。
個人的にはリリーサーに1票です。
どちらも採用するというのも手ですが、リリーサーがいればレヴナントはいらないかな…